ヘアドゥ千葉中央店

ヘアドゥ千葉中央店飯島 幹樹

Iijima Motoki

東洋理容美容専門学校

Q1これまでの経歴
2017年 ヘアドゥ千葉店 所属
2019年 ヘアドゥ千葉中央店 異動
Q2美容師になろうと思ったきっかけ
中学生の頃の私は静かな性格で、自分に自信がなくヘアスタイルにも無頓着でした。見かねた母が美容院に連れて行ってくれたところ、髪だけで印象がこんなに変わるとは!と衝撃を受けました。外見と内面に自信がつき、人を笑顔にできる美容師って凄い!と感じ、まさに人生の転機になりました。
Q3今まで一番うれしかったこと悔しかったこと
嬉しかったこと…ご来店くださるお客様は、アシスタントの頃から通い続けてくださったり、他県から足を運んでくださったり、ブログやインスタを見てご来店くださったりと、施術後喜んで笑顔でお帰りになるのを見るたびに嬉しい瞬間や感動のある職業だと思います。

悔しかったこと…アシスタントの頃、非常に不器用なため理論を理解するのに時間がかかりカットの技術が中々上達しなかったことです。でも時間をかけて練習すれば上達できます。
Q4今後の目標を教えて下さい
会社のスタイルファイルランキングで1位を取ることです。多くのお客様に喜んでいただき、お店を支えられる存在になることでヘアスタイルで悩んでいる女性や会社に貢献できるようになりたいです。
Q5休日はどうやって過ごしていますか?
カットや美容に関する情報収集をする為にカット教本や美容雑誌、インスタグラムなどの媒体を毎日ほぼ欠かさず見ています。効率よく生きるのが苦手なので時間はかかりますが毎日何かしら吸収できるようにしています。休日は自己投資の時間や体を休めるために過ごしたり、好きな洋服や音楽を調べたりしています。ほとんど1人でいることが多いです(笑)
Q6デイバイデイってどんな会社?
教育カリキュラムや社会保険、福利厚生が整っています。1年生からPEEK-A-BOOのカットを習えるので、基礎技術が身に付きます。20代前半は迷いやすい年頃ですが、デイバイデイのミッションの元で、迷うことなく自分の成すべき事が見えてきます。また店長やオーナーになれる機会を誰にでも与えてもらえるので長く安定して働けます。

先輩から見た飯島さん

中山 竜太

栃木県美容専門学校 2007年入社
飯島さんが新入社員の頃からずっと一緒に働いています。飯島さんはいつもお客様の親身になり接客をしているため、老若男女問わずお客様から支持を頂いています。スタイリストになったことでスイッチが入って技術向上に貧欲になり、現在はヘアドゥ千葉中央店の撮影リーダーでありながら社内でも撮影やSNSをダントツに取組んでいます。今後は店長に昇格できるようにサポートしていきたいと思っています!